オレ×ヨメを無料立ち読みで楽しんで読んじゃおう!

オレ×ヨメ

オムニバス作品っていいですよね。
ぱっと読めるし、見逃した回なんかがあっても、そこから読めばまた話が分かるし。

恋愛ものの漫画なんかでも、なんかどろどろと長いよりも、スパッと行く感じがしますから。
オレ×ヨメもそうですけど、無駄に長くないから、無料立ち読みなんかでも読みやすかったりするわけですよ。
恋愛ものも、昼ドラのように、だらだらと長すぎるのもほんときつくなって嫌になったりしますから。
恋愛の泥沼好きなら別ですけどね。

本当の意味で楽しんで読める長さって、難しいものでもありますが、大切な要素になるんです。
そもそも、オムニバスって耳にして私の中での勝手な解釈では、読みきり作品っていうところだったんですが。

実際には?とおもって調べてみたら
演劇、映画、文学、ドラマなどの分野、芸術の分野に当たると思います。その分野の短い数編の作品であったり楽曲をひとつにまとめたも作品形態。
なんだそうで、オムニバスって単体で耳にする気がしますが、オムニバス映画、オムニバスドラマなんて風に呼ばれてるみたいですね。

さて、そんな意味を知ったところであまり実になるような雑学でもなく、私のなかでの意味合いもそこまで大きくなかったかなとかおもっちゃいますね、すみません。

オムニバス作品の良さとしてパッと読めて、見逃した回なんかがあってもすぐにそこから読み返しが利く。話が分かりやすい。
って前述にもしましたが、その点に尽きると思うんですよね。

ちょっとした時間に、手持無沙汰な自分があったりしてそんなときに短編の今回であれば「オレ×ヨメ」なんかがあったりするといい時間つぶしになるんです。

バスや電車に乗っているほんの10分、15分時間だったり、友人と待ち合わせまでの時間であったり
ちょっとした時間ってありますよね。
そんなときに私はこの短編集の作品がとっても役にたってます。

しかも無料立ち読み可能ですから、お金もかからないですからとってもおいしい話。
登録しておくだけでも「あっ、そういえば」って思いだしたときに使えますからね。

この無料立ち読みできるスマホ電子書籍おすすめです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。