日本の漫画の歴史~鎌倉時代鳥獣人物戯画~

日本の漫画には、深い歴史があることをご存知だろうか?
漫画の発祥は、日本でしか生まれなかった大きな土台があるのです。
今回は、その漫画の歴史を日本の昔の絵画から脈々と現代に繋がる、歴史を紹介したいと思います。

ここではじめに漫画の定義に関して、お話いたします。
一般的に、漫画と言っても漫画の定義となると説明が出来ないという方は多いのでは無いでしょうか?
漫画の定義は2種類あります。
人間がひと目で見ただけで、絵がどういった動作、表情を簡潔に読み取ることが出来ること、
そして、絵の構図を見て時間の流れを読み取る事ができるという2つの条件を満たします。

最初、日本の絵画は人間や物の姿を表現し、それから物語ができ始めると、物語の挿絵に使用されるようになりました。
しかし、この段階の作品は、漫画とはいう定義ではなく絵本という定義で別に区別されています。

ですが、日本最古の漫画として、名高いものに鳥獣人物戯画という作品があります。

この作品の特徴は、カエルや鳥、うさぎなどの動物が、人間の日常生活に関する動作をすることで、擬人的な当時の生活や行動に関して書かれています。
カエルや鳥の表情が一匹ごと非常に豊かで、表情が違いその動作は非常に生き生きしています。
怒りの表情や、笑いの表情といった感情表現も細かやかに表現されているのです。

そして、絵巻物なので、左から右に話が続いているような形になっています。
コマ割りは無いものの話のストーリーが読めるために、マンガの起源となっているのです。
ですが、この絵の本当の意味は、人間の愚かさや戒めを人間で書くと批判されるため、動物を用いて作画したとも言われています。

この鳥獣戯画ですが、よく見てみると墨のみで書かれている作品なんです。
墨の濃淡を上手く利用して、影や線を表現の多彩さを生み出しています。
現在の、漫画はコピーや修正ができる時代ですが、鳥獣人物戯画は一筆がきなので、書いた作者は物凄く集中力とセンスがあったという他ありません。
日本の漫画の原稿の基本が、白を貴重にしたアイボリーで、黒一色で濃淡でキャラクターを表現できているのは、こういった部分から発生しているものと考えられます。

いかがでしたでしょうか、日本の12世紀には漫画の元になる作品があるという事実は驚きです。
因みに、西洋ではルネサンス前の時代で、キリストのフラスコ画のみが書かれていた時代なんです。
そう思うと、日本の漫画が、いかに長いすごい歴史があるか、重みが伝わってきます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。